2016年5月5日木曜日

NetBeansにpythonプラグインをインストールする。



Pythonのおべんきょをし始めましたが、NetBeansの補完機能にすっかり慣れきってしまってvimでプログラムを打ち込むのが苦痛です。NetBeansにpythonのプラグインをインストールしてみます。(vimにもプラグインがあると思うけど。)

プラグインのダウンロード

  • NetBeans本家のPluginsページを開きます
  • NameにPythonと入力します
  • するとPython関係のプラグインが表示されますので、一番上の8.1用プラグインを選択します。
    • Downloadを押します。
    • 保存して、解凍します。
  • 解凍すると以下のファイルが出来上がります。

インストール

  • NetBeansを起動し、メニューからプラグインを選択し、ダウンロード済みタブを選択、プラグインの追加ボタンを押します。
  • 解凍したファイルを全選択し、Openを押します。
  • インストールを押します。
  • インストールが始まります。
  • ライセンス契約にチェックをして、インストールを押します。
  • 証明書の確認を聞いてきますので、続行を押します。
  • IDEを再起動します。
  • 再起動すると、使用可能なプラグインの数が増えて、さらにインストール済みのカテゴリを見ると、確かにpython関係のプラグインがインストールされていることがわかります。

    動作確認

  • 新規プロジェクトをつくってみます。
  • カテゴリからPython -> Python Project - Antを選択します。
    • 私の環境だと、理由はわかりませんがPython Project -Setuptoolsを選択するとプロジェクトを開くときにとてつもなく時間がかかるなど問題がありました。
  • 適当なプロジェクト名をつけて、終了を押します。
    • Hello Worldのプログラムが最初から書き込まれているので、実行を押すだけで、プログラムが実行されます。
  • 1行目に以下のように書き込んだ後、
          #!/usr/bin/python    
  • 以下のようにソースディレクトリに移動して、chmodで実行形式にしてあげれば、シェルから起動できます。
        cd /Users/USENAME/NetBeansProjects/MyPythonProject/src     chmod 777 mypythonproject.py
  • ./mypythonproject.py   

Evernote はあなたがすべてを記憶し、手間をかけずに整理できるようにお手伝いします。Evernote をダウンロードする